[email protected]

2012年3月19日月曜日

Web業界で、ろくろを回すのが空前のブームと聞いて京都で焼物体験をやってる窯元にお邪魔してろくろを回してきた。

経緯はこのへん。
WEB業界ろくろ回しすぎワロタ
「WEB業界ろくろ回しすぎワロタ」に対するWeb業界の反応をまとめてみた

昨晩東京を出て京都に着いたのは午前7時過ぎ。
足で回すろくろはさすがに難易度高すぎだろうと思ったら、調べた限りで体験教室やっている窯元は大体電気ろくろらしかった。アクセスよさげで当日予約出来そうなところを探した結果、たどり着いたのはこちら。
「京焼・清水焼」豊仙窯

場所は京都駅からほど近く、京都国立博物館(外装の工事してた)のすぐそば。博物館にも今度来てみたい。

すぐには要らないけど、熱燗とかによさげなお猪口とか作れるといいかなーと思い、小さめのをいくつか作ることにした。10時半から1時間予定の教室だったのだけど、実際終わってみると12時半ぐらい。集中して粘土と格闘していたらあっという間に時間が経っていたのでした。

窯元のせんせに撮って頂いた写真を少々。


( ー`дー´)キリッ




(^o^)



出来たのはこんな感じ。

一部の器は膝に矢を受けてしまった状態になってるけど、出来上がり楽しみ。
これだけ充実してお茶菓子まで出して頂いて4,000円(色付け/焼き/送料込み)というのはなかなかお得感ありました。

けど、Web業界で大ブームという割には閑散としてて、一緒に体験教室受けたのカップル一組でおじさん正直居場所微妙だったよ。もっと皆ろくろ回そうぜ!

0 件のコメント:

コメントを投稿